平成二十八年度桐の音楽院、お弾き初め会終了致しました【こぼれ話3】

 

さてさてこぼれ話いっぱいあります。人それぞれにストーリーがあります。

 

仕事も家庭も箏も!

以前より川内市から時たま~に、通って下さっていたMさん。お仕事も家庭もあるお父さんなので、なかなか練習には時間が取れません。良く分りますよ~。

 

大学時代は三味線をやっていたのですが、箏をやりたいという事で、今回のお弾き初めでは箏舞台デビューにチャレンジすることになりました。

 

でも練習でわざわざ鹿児島市内に通ってくるにはなかなか大変なので、同じく川内にお住まいのSさんをご紹介することにしました。負担のないところで練習を続けられればと。

 

相乗効果!!

Sさんはもともと練習をたくさんされる方でしたが、Mさんがお稽古に通ってこられることで自分も尚更がんばらなきゃと思われたみたい。

 

以前からSさんにはいろんなところで演奏する事をおすすめしていたのですが、「恥ずかし~(笑)」といってなかなか自分から腰をあげることをしなかったのに

 

Mさん、そしてもう一人Iさんという方と弾き初め会の為の練習を進めるうちに、気持ちの変化があったのでしょうか・・

 

『先生、私今度、以前からお誘いがあった場所での演奏にチャレンジしてみたいと思います』

 

と言って下さったのです!!

 

そしてMさんも弾き初め会が終わっても、Sさんのところに通い、今のペースで練習を続けたいと言ってくださいました。

 

お互いがお互いの力に

きっと練習するうちに、もっと色んな所でチャレンジしたいとお互いに思われたんじゃないかなと思いました。

 

弾き初め会は、きっときっかけ。

 

やりたいやりたいという気持ちがあっても、何かきっかけがないとなかなか動きだせない事もありますよね。でもそれが今回お互いにとっての良い機会になったようで、とっても嬉しい私なのでした。

 

訪問演奏の報告も今から楽しみです!

 

------------------------------------------------

【お弾き初め会、こぼれ話シリーズはこちら】

 

kirinone.hateblo.jp

 

 

kirinone.hateblo.jp